kanedaの写真

KANEDA

2016年入社
IT事業部 技術部 第3課 課長


Q.
自己紹介をお願いします。
A.
大学でプログラミングの楽しさに触れ、新卒で某大手SIer企業に就職しました。5年ほど働きましたが、顧客との距離が遠く、私が本来やりたかった、「お客様と関わる仕事」が難しいと感じ退社しました。それから2年半、学生時代のアルバイト経験もあったコーヒーショップで働いておりましたが、将来を見据えて弊社に入社しました。ブランクもありましたが、案件にも恵まれ、今の現場ではチームリーダーとしてマネジメントに従事しています。
Q.
なぜデフトライブを選んだのですか?
A.
面接のときから熱烈に歓迎してくださり、 ぜひ私と一緒に働きたいと、ビジョンを交えながら語ってくださったのが決め手でした。入社浅い私でも評価してくださり、今は管理職として会社を創っていく取組みにも参加しています。やる気があればどんどん成長が出来るし、意見も通りやすい。弊社はまだまだ発展途上で色んな制度や仕組みも若いですが、その分フレキシブルに対応出来るところも魅力の1つだと、入社した今は思っています。
Q.
今までの仕事で楽しかったことや、よかったなと思ったことを教えてください。
A.
今の現場でもありますが、マネジメント経験がほとんどなかった私をサブリーダーとして抜擢してくださり、今はリーダーとして主にマネジメントしています。今までやりたいと思いつつ機会がなかった顧客調整など「お客様と関わる仕事」に従事出来ているため、とてもやりがいがあります。
Q.
仕事で悩んだときはどのように克服していますか?
A.
とにかく誰かに相談しています。それは立場やスキル関係なく、上司となる客先の方や、自分のチームメンバー、他社の方など。どこにヒントがあるかわからないため、積極的に色んな方に声をかけるようにしています。社内のことで悩んだときは、社長や営業の方にフォローしていただくこともあり、とても助かっています。
Q.
仕事の疲れやストレスはどのように発散していますか?
A.
現場の方と愚痴り合っています(笑)その中で気づくこともあり、自分自身反省すべき点を見つめ直せたりと得るものも多いので、なるべく自分の中に溜め込まないようにしています。あとは、月に一度は有休や半休を取って好きなカフェに出かけたり、福利厚生にある整骨院で癒されたりしています。
Q.
将来チャレンジしてみたいことはありますか?
A.
今の自分自身の課題でもある育成について、社内の教育制度の整備とともに取り組んでいきたいです。また、管理職やリーダーとしてマネジメント力も身につけていきたい為、積極的に研修等に参加してみたいと考えています。まだまだ女性の少ない弊社ですが、女性が安心して働けるよう、様々なサポートも考えて行きたいと思っています。